日本の英語教育の改革につながるコースでした!


私は、1ヶ月の「TESOL」のインテンシブコースを受講。朝9時半からお昼休み1時間を挟んで夕方4時半までの文字通りかなりの集中講座でしたが、非常に有意義なものでした。

今までの英語指導に限界を感じ新しい方法を模索していた私にとって、この受講はまさに目からウロコの連続体験。
オーラルクラスはネイティブの教師に任せ切り、市販のビデオやテープを流すだけ、文法はかなり高度な内容を次から次へと叩き込み、リーディングは全訳を固執する.. といった、日本で受けて来た従来の内容に慣らされてきたせいか、そんな常識は私の中で音を立てるように崩された感がしました。
それと同時に生徒中心に実践的な使える英語指導法を優先するアプローチに感心し、これからの英語教育はこれでなくてはを目の当たりに出来ました。
実際に30分が各自に与えられ、その課題に添った授業を実際に生徒を前に教壇に立ってやらなければなりません。週2回のTeaching Practice では、いわゆる模擬授業。

ネイティブでない私にはかなりのハンディでしたが指導の先生曰く、「ネイティブかそうじゃないかは問題ではない。如何に生徒達のやる気を起こして楽しく学べる雰囲気に出来るかに掛かっている」との助言に、何度励まされた事でしょうか。
下準備にかなりの時間を要しましたが、これをこなすに従って、自分の中で結果的に自信へと繋げられました。

当然、授業はすべて英語で行われて意見も求められる為、英語力は必須です。先生の英語はわかりやすいですが、仲間のネイティブとの会話はかなりスピードが早く、内容もネイティブ風の話し方なので我々にはわからない事が沢山有り、時にはその為落ち込みもしましたが、日を重ねるに連れて慣れてきました。

教える対象は児童から10代、成人までと幅広く、その内容はSpeaking, Writing, Reading, Listeningに文法や単語を加えたスキルの指導法、目的はコミュニケーション、ビジネスからトフルTOEFL対策までとかなりの分野をカバーしています。

最新のCD-Romを検証したり、テキストの評価もします。この教材を使いなさいと一方的に押し付けられた事は一度もありませんでした。自分が使うならどれが何故良いかと思うかを、一緒にクラスで討論するのです。
当校で推薦された本やウェブサイトも、帰国後これから大いに参考になると確信されますが、かと言って教材の発注を要請されはしません。

現英語教師の皆さんに、是非このプログラムの存在をもっともっと知ってもらいたいです。それにより日本の英語教育の改革にきっと繋がっていくと信じたいです。
私も早速、勤務先の学校と交渉し、自分の実体験を活かせる授業を持たせて頂けるようお願いしてみるつもりです。是非、実現させて希望を叶えたいです。

帰国後のホームワークとして2つの課題が与えられました。一つは実際に生徒にアメリカで私が学習した事を実践してみて、その結果を評価したレポートの提出と、もう一つは1週間のティーチングプラン企画を作成して提出する事です。それらを提出を完了しないと公式なサティフィケートが授与されません。
なので、帰国後も気を緩めることは出来ません。今もその課題に取り組んでいる最中で、とても満足感と充足感が得られました。そして確実に英語教育の壁を英語教師なら誰でも突破できるコースだと結論出来ました。

ARCインターナショナルは、とても細かい気配りをしていただき、渡米初めての私でも毎日をとても安心して過ごせるました。ARCンターナショナルを選んで大正解でした。

関連する体験談