お客様からのよくある質問集

最新ビザ情報: IC旅券について教えて下さい。

最新ビザ情報: IC旅券について

■ 最新ビザ情報 IC旅券について 2006年3月20日以降、日本政府はチップ(IC集積回路)搭載の新規パスポートに全面的な切り替えを実施、申請受付が開始されました。偽造・変造防止の主目的から改善された事情から、個人情報が暗号でインプットされており、第三者の不正使用が出来ない多種多様な工夫も施されています。パスポート本人の顔写真もデジタル処理で記録される為、写真だけを差し替えても、今後は不正が容易に見破られます。IC旅券は従来と同じ冊子型のタイプですが、ページの冊子中央にICチップ通信を可能にするアンテナを埋め込んだ分厚いカードがプラスチックカバーで装丁され、簡単にパスポートのページから剥がれないように組み込まれています。 IC旅券の導入により、国際犯罪組織や不法な出入国の取り締まりに大きく寄与するものと期待されていますが、日本政府発行のIC旅券の生体情報は「顔画像」のみが現在記録されています。パスポート申請方法は従来通り。準備する写真自体のサイズは同じですが、顔が映る部分のサイズが変更されました。 IC旅券発給手数料は1000円値上がり ・5年有効旅券 11,000円(旅券事務所の手数料を含む。) ・10年有効旅券 16,000円(旅券事務所の手数料を含む。) パスポート紛失時の再発給は、有効残余期間をそのまま引き継ぐパスポートを作成していた制度が廃止され、全くの新規IC旅券の発給に今後は切り替わります。紛失届出書の提出は従来通り所定用紙の提出が必要です。IC旅券導入後でも手持ちの現行パスポートは、その有効期間までそのまま利用できる為、焦ってIC旅券の申請は必要有りません。 ■ 米国ビザ免除制度(90日未満滞在)への影響? 日本を含む27カ国を対象に短期滞在者にビザ免除する現行協定は、機械読み取り式の旧式パスポートでも顔写真がデジタル印刷仕様であるなら引き続き有効で、入国時のビザ申請が免除されます。 2006年10月26日以降に発行されるパスポートは、IC搭載旅券でないとビザ免除の適用は不可となる公示を対象27カ国に対して米国政府が行いました。 ■ セキュリティ対策 IC旅券に格納されたカードは衝撃・高温・磁気に弱いので、保管と取り扱いに注意が必要。 チップに記録された個人情報が第三者に勝手に漏洩しない安全対策から情報はずべて暗号化され、読み取り通信範囲もIC旅券から10センチ以内に限定、万全な盗聴対策が講じられています。